平凡なる日々

好奇心90%と悪意10%・・・・

2015年01月

iPhone5用の魚眼・マクロ・広角レンズを購入

タイトルそのまんまなのですが iPhone5対応の魚眼・マクロ・広角コンバージョンレンズを先日amazonで購入しました。

そこでとりあえず撮影した写真もアップしたので見てみてください。


デフォルト(標準の状態)
2015-01-30-20-42-17

iPhone5のデフォルトだとこの写真ぐらいまでしか寄れません。

すでにiPhone5の標準のカメラ機能だとワンコにピントが合わないんですけどね。


魚眼レンズ利用
2015-01-30-20-44-56

四隅がけらていますね。

本当は対角線魚眼でも全周魚眼でもない魚眼風。

でも面白いですよね・・・・・


広角レンズ利用
2015-01-30-20-45-24

この広角レンズ、マクロレンズの前に0.67倍のレンズをねじ込んで使うようになっています。

広角らしいといえばそんな感じで結構寄れるのでマクロ的にも使えますね。


マクロレンズ利用
2015-01-30-20-45-53

前述のとおり広角レンズを外した状態で利用するとマクロレンズとして利用可能です。

この状態だと結構寄れます、嫌な感じのボケでもないので使えそうです。


モデルのサイズ比較(笑)
2015-01-30-20-46-18

モデルのワンコの実際のサイズは100円硬貨と比較してみてください。


iPhone5用の魚眼・マクロ・広角レンズの外観
2015-01-30-20-47-55

2015-01-30-20-48-43

iPhone5のカメラのレンズの画角ってライカ版だとたしか33㎜ぐらいらしかったような。

広角レンズをつけると22㎜相当ぐらいですね。

何気に使い道があるようでないような画角のような・・・ 

マクロ的に使うのが個人的にはベストかなと思いました。

これでしばらく遊べます・・・・
 


スポンサードリンク

iPhone5の内臓バッテリー交換、なんとか終わりました

先日ブログに書いたiPhone5の内臓バッテリー交換キットですが無事メール便で届きました。

そして結果を先に書いてしまうとiPhone5のバッテリー交換には無事成功しました。


2年近く使っていて朝100%でも昼には60%ぐらいまで消耗してしまっていた内臓バッテリー。

バッテリー交換後は夕方まで60%ぐらいを維持してくれています。

しばらく機種変更を延期することにしたのでこれでしばらくiPhone5を使い続けられそうです。


しかし、実際の交換作業は結構大変でしたね。

iPhone5ってユーザーサイドでの分解を考慮していないので中のパーツを固定してあるネジは小さくて外すのはいいけどパーツを固定するためにネジを回そうとするとネジがしばらく行方不明になりました。

あと、内臓バッテリーは接着剤ががっちり固定されていて付属のへらをつかって時間をかけて外しました。

最初は10分ぐらいで交換できるのかなと思っていたのですが結局30分ぐらい格闘していたような・・・


細かい作業が好きな方や電子工作が好きな方以外自分で内臓バッテリーを交換するのお勧めしないです。

不安な方はiPhoneの修理業者さんにお願いした方が金額は高いですが楽だと思いました。

スポンサードリンク

Apple 純正 日本仕様 iPhone 5 専用 純正バッテリー 電池パック バルク+完全工具セットを購入

iPhone5のバッテリーが消耗しているのでamazonでポチっとしてしまいました。

Youtubeなどでバッテリ交換の動画もたくさん出ているので大丈夫だと思いますがチャレンジしてみます。

ただ気になったのはamazonのマーケットプレイスだとリサイクル品などが交換用バッテリとして流通しているようです。

新品を販売している業者さんとリサイクル品を販売している業者さんが同じページで購入できてしまったりするので紛らわしい。

購入する際にはよくよく確認する必要があるみたいですね。



Apple 純正 日本仕様 iPhone 5 専用 純正バッテリー 電池パック バルク+完全工具セット バルク品 GENUINE ORIGINAL BATTERY


スポンサードリンク
1970年山口県下関市生まれ、現在東京都府中市在住。釣り好き、麺好き、魚好き。