平凡なる日々

好奇心90%と悪意10%・・・・

2015年03月

飲まず嫌い・・・・

実はこの最近日本酒を飲むようになりました。

考えを改めるきっかけは先日郷里山口県の日本酒「獺祭」を飲む機会があっておいしさにびっくりしてしまってからです。


自分の知っていた日本酒って口に含むとアルコールが口や喉に突き刺さるように刺激するし、ちょっと飲んだだけですぐに頭が痛くなってりするので敬遠していたんです。

外で飲むなら蒸留酒の水割りやお湯割り。

親父は日本酒党だったので子供の頃から日本酒を味わう機会があったんですが好みに合わなかったんですよね。※これ本当はダメですよ!

あと、何度か日本酒をいただいて気分悪くなったりして、二日酔いになったりしてますます嫌いになったということもあります。


もちろん、料理に使うので安いパック酒なんかは常備しているんです。

でも常備している日本史には口はつけず全部料理に使っていました。

魚の煮付けとか水の代わりに日本酒を使うとすごく美味いんですよね。

コストを考えるとちょっとちょっと贅沢ですが・・・・


そうこうしているうちに偶然先日いただいた獺祭(一番安い奴)がおいしかったんです。

グラスに注いだ獺祭を口の中に含むとアルコールの刺激よりも旨みが口の中に広がって、その後は爽やかに喉を駆け下りてゆく。

お酒に強くないんでたくさんは飲まないんですが多少飲んでも頭が痛くなったり気分悪くなるようなこともないし。

今までの日本酒の認識を一気に改めさせられる経験をしました。

 
それから数種類の日本酒を手にいて毎日飲んでいます。

一応飲むのは全部純米酒。

昔失敗しているのでアルコール添加のお酒はちょっと敬遠しています。 

いまさらですが今まで日本酒を避けていてちょっと損をした気分です。

スポンサードリンク

ソメイヨシノ起源は済州島?

春になるとおかしな事を言う人が増えるといいます。

暖かくなって躁状態になるというのか異常に元気になる人がいるんだと思います。


さて、毎年この時期になってふと目を留めてしまうニュース記事があります。

実はそれは「日本の桜(ソメイヨシノ)の起源は韓国の済州島の王桜」だという韓国のマスコミの報道。

ここ数年毎年ソメイヨシノ韓国起源説のニュースがでているかなと何気に気にしていはいるんですが今年もやっぱりありました。

日本語に翻訳された内容はサーチナの下記URLに掲載されています。

 「サクラの起源は韓国です! 世界の認識は「日本の木」・・・正していく努力が必要だ=韓国報道
 http://news.searchina.net/id/1567028?page=1


ソメイヨシノって人口的に作られた雑種で挿し木でしか基本増やすことができないことはちょっと植物に詳しい人だとよくご存じだと思うのですけど・・・・

どこからどうやって済州島の王桜がソメイヨシノだと関連づけて考えてしまうのでしょうか。

正直理解にすごく苦しみますね・・・・


個人的には半島の方にも偏見はないつもりなんですがなんでもかんでも韓国起源(ウリジナル)にしてしまうところはう~んって思ってしまいます。

国自体がタチの悪いクレーマーみたいな印象になってしまってますます韓国嫌いって人が日本国内に増えてしまわないか心配です・・・・





スポンサードリンク

そろそろ花粉・・・・

今日は高気圧におおわれて太陽の光も暖かいですね。

風もどことなくやさしく感じられて春めいてきました。

本当なら冬が終わって春が訪れてうれしい限りですが・・・・

どうも目のショボショボし始めてきました。

大嫌いな花粉症の季節に突入したみたいですね。

ちょっと憂鬱ですね。

この時期マスクすると口の周りが蒸れるので苦手なんですよね。

しばらくアレルギーのお薬が手放せそうにありません・・・・ 

スポンサードリンク
1970年山口県下関市生まれ、現在東京都府中市在住。釣り好き、麺好き、魚好き。