平凡なる日々

好奇心90%と悪意10%・・・・

2017年01月

植木鉢キャンドルヒーターその後・・・・

昨年の今頃と言えば・・・
植木鉢キャンドルヒーターを作ってブログにアップしたんだってけ。
実はアクセス解析をのぞいてみたら”植木鉢 ヒーター”とか”植木鉢 キャンドルヒーター”でアクセスしてくれた方がいてふと思い出しました。

昨年のこの記事ですね・・・・
植木鉢ヒータを作っってみた
http://myordinarydays.blog.jp/archives/52963332.html

今年も植木鉢キャンドルヒーターを使っているのですかと言われたら・・・・
残念ながら使っていません。
まあそれには訳がありまして、参考になる方もいると思うので書いておきますね。

実は昨年キャンドルヒーターをヘビーに使っておりました。
植木鉢ヒーターってエコ?だし、焚火もそうですが火って見ているとなごむので毎日利用していたんです。
今年使っている理由は喉を昨年やられてしまってえらい目にあったから(笑)

昨年なぜ喉をやられてしまったかと言えば・・・・
部屋を早く、より温かくしようと思ってロウソクを増やしたり、いらなくなったサラダオイルでオイルランプを作って 使っていたら結構煤がひどくてそれにやれてしまったんですよね。
あと、ロウソクは安いの買って使っていたので不完全燃焼なのか部屋の空気が汚れてしまいまして。
煤と不完全燃焼のロウソクのダブルパンチで温かく過ごすつもりが喉をやられて数日寝込んでしまいました。
 今思い返してみると馬鹿チンですね・・・・

植木鉢キャンドルヒーターに興味のある方も多いみたいですが実際に実践する際にはあまりロウソクをあまりたくさん燃やさないように気を付けてくださいね。
それと実際にやってみるとわかるんですがロウソクって結構煤がでます。
利用するときは定期的に換気もしてくださいね。

以上昨年植木鉢キャンドルヒーターを実践した自分からのアドバイスです・・・・ 

スポンサードリンク

ゼンハイザーIE60のイヤーチップをコンプライに交換してみました

ゼンハイザーIE60を購入して3か月。
純正のイヤーチップは最初から6種類入っているのであれこれ取り替えて使っていたんですが微妙に耳にフィットしていないような気がしたのでサードパーティー製のイヤーチップを購入してみました。

今回IE60用として購入したのはイヤホンユーザーに評判のいいコンプライのイヤーチップ。
低反発ウレタン素材で抜群の遮音性と装着感を実現すると言われてるイヤーチップです。
amazonや価格コムのレビュー見ても結構評価いいですね。

2017-01-18-14-29-39

このコンプライにはいくつか種類があるのですがとりあえずお試しということでスタンダートのT-typeを選んでみました。
正直T-typeにするかTs-typeにするか最後まで迷ったんですが・・・・
もちろん初めての購入だから気に入れば次はTs-typeも購入して比較してみようとは思います。

さてコンプライのイヤーチップをIE60ように選ぶと悩むのはサイズ。
このコンプライのイヤーチップには、ノズルタイプが100、200、400、500と4種類あってメーカーのサイトだとIE60の適合サイズは400になっています。
ただし、某イヤホンショップだと500が推奨サイズになっています。
低反発ウレタン素材で装着するにコツがあると思うので正直悩みます。
それに参考情報ですがIE60の上位モデルのIE80の適応サイズは500とのこと。
購入前に実物を装着して試してみることができないので今回は500を購入してみました。
大は小を兼ねると・・・・
ちなみにイヤーチップの大きさのサイズは純正で選んでいるのと同じMを選択しました。

2017-01-18-14-50-53

さて、購入したコンプライのT-type 500ですが早速IE60に装着してみました。
500でも結構取り付けにくい(笑)
なんとか取り付けて耳に入れます。
そうそう、低反発のウレタンなのでいったん指で押しつぶしてサイズを小さく耳に装着するのがコツみたいです。
確かに純正よりも耳にフィットしますね。
あと、遮音性もアップしています。
遮音性アップということは音漏れにも効果があると思います。

音質についてですがあまり評価できるような耳ではないんですが・・・・
コンプライのイヤーチップ変更後のIE60の感想を書くと純正よりも遮音性がアップしたことで低音が強くなったような気がします。
あと高音が純正よりも少しこもっているような気もしますね。
でも臨場感はアップしているような・・・・
でももともとIE60ってダイナミック型で解像度はそこそこ、上品なドンシャリです。
コンプライのイヤーチップに交換してもIE60のいいところをそれほどスポイルしていないので交換してよかったと思います。
あとは次回Ts-typeを購入してT-typeがいいのかTs-typeがあっているのか比べてみるだけですね。



スポンサードリンク
1970年山口県下関市生まれ、現在東京都府中市在住。釣り好き、麺好き、魚好き。