実はIT業界の仕事を10年以上やっていたんですが、ベンダーの資格も含めて特に資格はもっていませんでした。

この最近履歴書を書く機会が増えて資格の項目に「普通自動車第一種免許」のみというのもなんか寂しいですよね。

そこで試験の機会も多くて、受験費用も比較的安価な「ITパスポート試験」を先日受験してきました。


ITパスポート試験の内容は、基本的に社会人として必要最低限のITの常識を問う試験だそうです。

このITパスポート試験の特徴は、実務経験のない学生さんやIT関連部署ではない若手社員の受験者も多いとのこと。

その上で合格率もだいたい50%前後なので基本的な知識があれば高得点は無理でも合格ラインは突破できるのではないかと・・・・

もちろん目標は1発合格!

そんなことを5月中旬に思い立って、5月20日ぐらいに参考書を購入し、1回通読した感じではまずまずの点は取れそうだったので、5月下旬にささっと受験予約。


普通は受験勉強も1か月とか半月とか時間をとってじっくり勉強をして高得点とった方がいいと思うんです。

でも自分はせっかちな性格なので鉄は熱いうちに打てという気持ち即効受験してきました。 


試験終了後の採点で結果合格ラインを突破することができたのですがもう少し時間をかけていい点を取った方がよかったかなと今になって思っています

でも合格したら資格取得の権利はあるわけですが有り難く合格証書の到着を待っていたいと思います。

今年は趣味・教養系も含めていくつか資格を取得してみようと思っています。