iPhone7にモデルチェンジしてハード的に大きく変わったことと言えば・・・・・
Lightingコネクタだけになってイヤホンジャックが廃止になったことではないかと思います。

イヤホンジャックが廃止になってイヤホン使いながら充電できないので不便との声もあるみたいですね。
個人的には今のところは同時に使うこともないのでそんなに不便という感じはないですね。

基本iPhone7で音楽を聴くのは通勤などの外出先だけ。
自宅に帰ればパソコン上で動くiTunesとかfoobar2000を使うので今のところは不便と思うことはないです。

逆にiPhone6が販売されたときにサイズが大きくなって持ちにくいと思ったんです。
でもiPhone7になってイヤホンジャックが廃止されて薄くなったので気にならなくなりました。
だから個人的には廃止にも賛成です。

自分自身がはどうなのかと言われると・・・・
音楽やネットラジオを聞くときのイヤホンですが純正のLighting接続のEar Podsは使っていません。
付属の返還ケーブルに社外品のイヤホンをつないでいます。

変換アダプタ経由の音質がイヤホンジャックよりも良くないという話があります。
実際に比較すれば変換アダプタ経由の音質はもやっとして落ちていると思います。

でも個人的には音楽やネットラジオが聴けないほどではないと思います。
結局音にこだわるならイヤホンジャックが付いていてもイヤホン用のアンプを使うとか。
Lightingコネクタにデジタルアナログ変換用のDACをつないでイヤホン使うことになりますしね。
個人的には許容範囲だと思います。