平凡なる日々

好奇心90%と悪意10%・・・・

資格試験

情報セキュリティマネジメント試験合格しました。

10月16日に受験してきた平成28年度秋の情報セキュリティマネジメント試験の結果ですが合格しました。

自己採点で合格ラインは突破していたので合格しているんだろうなと思っていたのですが・・・・

実際にIPAのWebページを確認できて一安心です。

情報セキュリティマネジメント試験

採点結果ですが午前は76点、午後は83点だったそうです。

一発合格するつもりだったのですが実際に合格できてうれしいですね。

特に午後の問題は国語の問題みたいでのんびり問題解いていたら時間が押して見直しする時間がなくて・・・・


さて、次は来年、基本情報処理技術者試験にチャレンジですね。

プログラムとか苦手なので今からそろそろ準備していこうかと思います・・・・ 

スポンサードリンク

情報セキュリテイマネジメント試験受験してきました。

情報セキュリティマネジメント試験の2016年秋期試験を10月16日に受験してきました。

この情報セキュリティマネジメント試験ですが2016年春から情報処理技術者試験に加わったばかりの試験です。

今回で2回目の実施になります。

ちなみに情報処理技術者試験の受験機会は年に2回。

4月と10月に実施されるIT分野の国家試験です。


難易度のレベルはITパスポートよりもITの深い知識が必要で、基本情報技術者試験と同程度のITの知識が必要と言われています。

基本情報技術者試験と難易度は同じぐらいだそうですが受験対象となるターゲットは技術者向けではないそうです。

その点微妙な位置づけの資格かなと思います・・・・

ただ、情報セキュリティは企業の一般活動を行う上では必須の知識となっています。

そのため広く一般のビジネスパーソンも含めて非常に有効な資格かなとは思います。

学生さんなどでITパスポートを合格した方の次のステップとしても有効でしょうね。


さて、受験した感想ですが、自分の回答と公開された解答結果を照らし合わせてみると75%~80%ぐらい解答できたみたいなので合格ラインは突破できたみたいです。

試験対策の勉強ですが2週間前ぐらい前から開始。

対策書を読み込んで自分の知識を整理して、過去問や模擬問題を2回程度繰り返しやりました。

今回で2回目の始まったばかりの試験なので過去問なども少なく、問題の難易度を絞りずらかったのでちょっと勉強しずらかったですね。

でも実際に受験してみるとそれほど難易度が高い問題は出題されなかったので基本的な対策書をしっかり読み込んで覚えておけば対応できるかなと思います。


参考までに今回試験対策で購入したテキストについて書いておきます。


この「ラクラク合格 情報セキュリティマネジメント 2016年秋期」 は試験範囲に準拠した教科書のような書籍です。

試験に出題される情報セキュリティの知識をまとめてるのが特徴だと思います。

練習問題と第1回の過去問も収録されているのでこの1冊で基本的な対策は可能だと思います。




今回2回目の試験で傾向や難易度が絞りずらいので数をこなしておいた方がいいと思って購入しました。

元々知識のある方だったら模擬問題が収録されて、基本用語も載っているのでこの問題集を繰り返しやるだけでも対策可能かなと思います。

ただ気になったことが1つあって、午後の問題の模擬テストの問題の難易度が本番の試験よりも高いものが収録されていたのが気になりましたね。

今回で2回目なので試験の傾向や対策が絞りづらいってこともあるので今後版を重ねていくごとに改善されるのだと思います。


そんな訳で結果から言うと翔泳社の「ラクラク合格 情報セキュリティマネジメント 2016年秋期」のみで合格レベルの得点は取れたのかなというのが正直なところです。

自己採点の結果では合格レベルは超える得点は取れたみたいですが正確な合格発表は11月14日。

本当に合格したのかはそれまでの楽しみにしておこうと思います・・・・
 



スポンサードリンク

日栄社編集所 受験就職 書き取り・読み方演習

漢字って結構わすれていませんか?
読みは人並みぐらいには大丈夫だと思うのですが書く方は年々忘れていくばかり・・・
正直文章を書くのもパソコンがほとんどなのでいざ手書きで漢字を書こうとすると結構忘れています。
正直日本人として恥ずかしいです。

なんで漢字を忘れて書けない。
なんでそんなことをここに書いているのかというと申しますと。
先日出先で漢字を書く機会があってけっこう簡単なものも忘れていてひやっとしたからです。
同時に英語の単語も書く必要があったんですがそちらは問題なく綴れました。
日本人なのに漢字もかけないなんて正直恥ずかしい。

冷や汗をかいた後、さっそく新宿の大きな本屋の学習参考書のコーナーへ直行。
中学とか高校の時に使っていたような薄っぺらい漢字ドリルでも買ってみようかと思ったんですが・・・・
学習参考書って結構進化しているので薄っぺらいのがあんまりないんですね。 

いろんな参考書や問題種を品定めをしながら見比べていたら偶然書架の隅っこの方に昭和の匂いがぷんぷんする薄っぺらい問題集を発見。
そうやって見つけたのが日栄社編集所の「受験就職 書き取り・読み方演習」って問題集。

受験就職 書き取り・読み方演習表紙

漢字の問題集って高校生の頃に使っていたのってこんな感じでした。
懐かしい・・・・・
デザインとか例文も現在風じゃないですよね。
昭和の匂いがぷんぷん。
なんでもマンガにしてしまうこの最近の風潮ですがイラストも1か所も入っていないのも今時めずらしいかも。

今時こんな参考書がまだ生き残っているんだなと思って最後のページの奥付を読んだら納得しました。
初版は昭和42年。
自分の生まれる3年も前に初版がでている歴史のある問題集だったみたいです。
あと、驚いたのは手に取ったこの版は平成7年発行の490版なんだそうです。
途中で改訂されているみたいですが30年近い間に490回も刷り直されているの多くの学生の愛されてきたということなんでしょうね。

受験就職 書き取り・読み方演習新訂490刷
 
あと、値段は388円(税抜き)。
こちらも昭和のまま。
漢字の勉強やり直しのために「受験就職 書き取り・読み方演習」手に取ってレジに向かいました。
さて、どれくらい漢字覚えているのかテストするまえからちょっと怖い・・・・


スポンサードリンク
1970年山口県下関市生まれ、現在東京都府中市在住。釣り好き、麺好き、魚好き。