平凡なる日々

好奇心90%と悪意10%・・・・

物欲日記

ゼンハイザーIE60のレビュー

ゼンハイザーIE60を購入して早いもので約4か月。

外出するときにはiPhone7にCYBERDRIVEのCLARITY FEATHER DAC経由でゼンハイザーIE60を接続して利用しています。

そういえば自宅でもヘッドフォンあるんですが気分によってゼンハイザーIE60で音楽聞いていたりしますね。

正直結構気に入っていています。


そこでこの辺でいったんレビューと言うか感想をまとめてみたいと思います。

まあオーディオにも音楽にも詳しくないのでそんなに大したことは書けませんが購入を考えている方の参考になればと思います。

・ゼンハイザーIE60ってどんなイヤホンなのか?

IE60はドイツにあるゼンハイザー社が販売しているイヤホンです。

もっとも製造は中国なのでドイツ製ではありません。

ゼンハイザー社のイヤホンのラインナップの中では上から3番目。

実売価格が2万弱程度で購入できるので一応ハイエンドモデルだと言えると思います。

・音質は?

イヤホンには大きく分けてダイナミック型とバランスドアーマチュア型(以下BA型)の2種類が販売されています。

ゼンハイザーはダイナミック型にこだわって製造しているメーカーなのでこのIE60もダイナミック型です。

特徴としてはそこそこ元気な低音と中高音は伸びてとても自然な感じがします。

バランスがいいので音楽を聴くのが楽しくなるイヤホンです。

音楽を聴くにあたってはあまり不得意な分野の無い万能選手だと思います。

ただし、BA型に比べると解像度が低め。

TVやラジオ番組を聞いたり、英語のリスニング教材で聴くような用途はあまり得意ではないと思いました。

上手に音を味付けして音楽を聴くためにチューニングされたイヤホンなんだと思います。

・音漏れは?

きちんと耳に装着して爆音を鳴らすようなことがなければカナル型なので音漏れは気にならないレベルだと思います。

ぎゃくにIE60で音漏れして周りの人が迷惑だと確実に難聴になってしまうと思いますよ・・・・

・使い心地は 

よく言うシュア掛けでの利用が前提の製品みたいです。

ケーブル自体は普通のケーブルなので付属のイヤーフックを使うかそのままケーブルを耳の後ろに回すとタッチノイズが軽減されていいと思います。

普通のイヤホンみたいに耳からケーブル垂らす使い方だと少し耳へのおさまりが悪いような気がします。

・イヤーピースは?

IE60を購入すると大小6種類ぐらいの交換用イヤーピースが付属してきます。

フィット感はそこそこだと思います。

自分は遮音性アップのためにコンプライに交換して利用しています。

・最後にお勧めできるイヤホンか?

音楽好きならお勧めのイヤホンだと思います。

全体的に特定の音域だけが尖ったイヤホンではありません。

なので低音が強く再現されるイヤホンじゃないとダメって方にはお勧めしません。

このあたりは個人の好みなのでできれば量販店などで試聴してみることをお勧めします。


・どこでゼンハイザーIE60は買えるのか?

ヨドバシカメラやビックカメラのような大手家電量販店だと店頭で購入可能です。

あと、Amazonなどのネットショップでも購入可能です。

ただしネットで購入する場合の注意点ですが偽物を買わされないためにちゃんとしたショップで購入することをお勧めします。

Amazonのマーケットプレイスやネットオークションでの購入には注意が必要ですね。


という訳で非常に簡単な内容ではありますがゼンハイザーIE60のレビューを終えたいと思います。

個人的には価格と性能のバランスが取れていてこのIE60の購入とても満足しています。
 
Share on Tumblr Clip to Evernote

スポンサードリンク

ゼンハイザーIE60のイヤーチップをコンプライに交換してみました

ゼンハイザーIE60を購入して3か月。
純正のイヤーチップは最初から6種類入っているのであれこれ取り替えて使っていたんですが微妙に耳にフィットしていないような気がしたのでサードパーティー製のイヤーチップを購入してみました。

今回IE60用として購入したのはイヤホンユーザーに評判のいいコンプライのイヤーチップ。
低反発ウレタン素材で抜群の遮音性と装着感を実現すると言われてるイヤーチップです。
amazonや価格コムのレビュー見ても結構評価いいですね。

2017-01-18-14-29-39

このコンプライにはいくつか種類があるのですがとりあえずお試しということでスタンダートのT-typeを選んでみました。
正直T-typeにするかTs-typeにするか最後まで迷ったんですが・・・・
もちろん初めての購入だから気に入れば次はTs-typeも購入して比較してみようとは思います。

さてコンプライのイヤーチップをIE60ように選ぶと悩むのはサイズ。
このコンプライのイヤーチップには、ノズルタイプが100、200、400、500と4種類あってメーカーのサイトだとIE60の適合サイズは400になっています。
ただし、某イヤホンショップだと500が推奨サイズになっています。
低反発ウレタン素材で装着するにコツがあると思うので正直悩みます。
それに参考情報ですがIE60の上位モデルのIE80の適応サイズは500とのこと。
購入前に実物を装着して試してみることができないので今回は500を購入してみました。
大は小を兼ねると・・・・
ちなみにイヤーチップの大きさのサイズは純正で選んでいるのと同じMを選択しました。

2017-01-18-14-50-53

さて、購入したコンプライのT-type 500ですが早速IE60に装着してみました。
500でも結構取り付けにくい(笑)
なんとか取り付けて耳に入れます。
そうそう、低反発のウレタンなのでいったん指で押しつぶしてサイズを小さく耳に装着するのがコツみたいです。
確かに純正よりも耳にフィットしますね。
あと、遮音性もアップしています。
遮音性アップということは音漏れにも効果があると思います。

音質についてですがあまり評価できるような耳ではないんですが・・・・
コンプライのイヤーチップ変更後のIE60の感想を書くと純正よりも遮音性がアップしたことで低音が強くなったような気がします。
あと高音が純正よりも少しこもっているような気もしますね。
でも臨場感はアップしているような・・・・
でももともとIE60ってダイナミック型で解像度はそこそこ、上品なドンシャリです。
コンプライのイヤーチップに交換してもIE60のいいところをそれほどスポイルしていないので交換してよかったと思います。
あとは次回Ts-typeを購入してT-typeがいいのかTs-typeがあっているのか比べてみるだけですね。



スポンサードリンク

iPhone7に機種変更しました。

iPhone5からiPhone7へ10月末に機種変更しました。

実はiPhone7が販売されてからすぐにiPhone7 128GBを予約したんですが某人気色を予約したので納期未定。

人気のボディカラーなんで納期は2ヶ月待ちとか言う話もありましたが•••
なんとか1か月近くまってようやく機種変更できました。

実は機種変更直前にはiPhone5の調子おかしくなって早く新しいiPhone7に変えたいのに連絡は無し。
携帯使えなくなると困るなと焦ってたんですけどね。
なんとか間に合いました。

3年以上ずっとつかったiPhone5とお別れするのは寂しいですが••••
新しいiPhone使うの楽しいですね。

スポンサードリンク
1970年山口県下関市生まれ、現在東京都府中市在住。釣り好き、麺好き、魚好き。