平凡なる日々

好奇心90%と悪意10%・・・・

除去

クロス(壁紙)の黒カビ掃除、その後・・・・

昨年の11月から12月に実施した自宅のクロス(壁紙)の黒カビ除去

退院直後はカビ臭かった部屋。

その後の黒カビ掃除や不用品の断捨離、整理整頓のおかげで快適な生活空間となっています。


正直カビ臭くて空気清浄機を購入したのですがそれも今はほとんど稼働させていません。

1日数回部屋の中に風を通して換気をするだけです。

床はちょっと掃除機サボっているのでところどころに誇りがありますけどね(笑)

これは今週末にでも掃除機かけます。


約3か月程度経過した現在のクロス(壁紙)の状態ですが黒かびの黒いしみは目立ったところには見えないですね。

黒カビがひどかったトイレも今の壁紙も白いまま。

なお、黒カビの掃除以外に2か月に1度ぐらい「ルック おふろの防カビくん煙剤」を使っているのも効果があるんだと思います。

ルック おふろの防カビくん煙剤は、お風呂用のバルサンみたいなくん煙剤なんですがお風呂とトイレにも利用しています。

アルコールで除去できない場所 のカビを銀イオンの力で殺してくれるそうなので効いているんでしょうね。

でも日々の掃除をさぼるとまた復活するかもしれないので注意深く観察していこうと思います(笑)



スポンサードリンク

クロス(壁紙)の黒カビをエタノールで実際に除去してみた

先日エタノールの液を使ってカビの除去ができることを紹介しました。

クロス(壁紙)のカビ掃除には消毒用エタノール
http://myordinarydays.blog.jp/archives/16264707.html

「消毒用エタノールIP」とか「消毒用エタノールIPA」って何?
http://myordinarydays.blog.jp/archives/16624473.html
 

実際にカビ掃除をしているところを写真で撮影したので今回アップしようと思います。

実は壁のあちこちに黒カビがぽつぽつと生えていたのですがあまりきれいなものではないので掃除したところだけ紹介しますね。 

 まず準備すべきものは前回紹介した消毒用エタノール。

そして使う道具は、歯ブラシと紙コップなど消毒用エタノールを小分けにしていれる容器です。



消毒用エタノールは写真のように汚れやすいので小分けして使うことをお勧めします。

また、液が真っ黒になったら捨てて新しい液に入れ替えたほうがクロス(壁紙)が汚れませんね。



これがカビ掃除前の状態です。

黒いカビがクロス(壁紙)に張り付いていて目立ちます。



消毒用エタノールをつけた歯ブラシでゴシゴシ。



アルコールが垂れてくるので汚れ具合を確認しつつぞうきんなどでふき取ります。

ちなみに黒カビ自体はアルコールで死んでしまうのでふき取ればOKだそうです。


 
カビ掃除後のクロス(壁紙)ですがだいぶ目立たなくなりました。
 
ベットや家具の裏など気づかないうちにカビが生えていることがあると思いますのでカビ掃除の参考になれば幸いです。 
 

スポンサードリンク
1970年山口県下関市生まれ、現在東京都府中市在住。釣り好き、麺好き、魚好き。